購入前に条件を確認しよう|再建築不可でも方法次第で生まれ変わる

物件の種類による違い

伊豆の別荘にはマンションタイプと一戸建てがありますが、それぞれの特徴を把握するようにしてください。マンションタイプの別荘は管理が行き届いていて、メンテナンス費用が少なく住む特徴があります。一戸建ては自然と一体化できる魅力がありますが、管理状況と中古の場合はリフォーム金額を確認するようにしてください。

レディ

ローンの返済に困ったら

住宅ローンの返済が困難になった住宅を任意売却によって売る場合は、専門の仲介業者に依頼するのが得策です。交渉能力に定評のある業者を選べば、自分にとって有利な売却条件を債権者、あるいは買い手から引き出すことができます。

集合住宅

住宅探しは情報収集から

茅ヶ崎には、中古のマンションが数多く見られます。こういった物件を購入する時は、インターネットなどを通じて情報を得て、見学を申し込むのが一つの流れです。見学後、購入の意志が固まったら、ローンなどの資金面の相談へと進みます。

新築に建替え出来ない物件

つみき

購入前にすべき事

再建築不可物件とは建て替えの出来ない中古物件の事で、購入しても更地にして新しい建物を建てる事は法律で不可となっているので、フルリノベーションなどで対応する事になります。なぜ再建築不可物件が売られるのかというと、このような物件は築後30年以上経つなど古い物件が多く、現行の法律とは合わないけれど建てた当時には法律上の問題がなかった建物で、現在そのままの形で利用するには問題がないためです。代表的な再建築不可物件には土地の中で道路に面している部分が2m未満の土地などが挙げられます。この再建築不可物件は利用者によっては、安くて良い物件だという場合もあるので、自分にとって向いているのかどうかを考えると良いでしょう。再建築不可物件を購入する時にはメンテナンスをしっかりしていたかが重要で、家のコンディションが良ければそのまま住居として住めますし、多少のリフォームで快適に過ごせる場合があります。中古物件の購入には見えない瑕疵があることが考えられるので、ホームインスペクションを依頼して家の状態やこれからリフォームにかかる費用などを調べておくのがお勧めです。1981年以前に建築された建物なら、新耐震基準を満たしていない可能性があるので、家の耐震性能を補強する必要があるかもしれません。その場合には費用がどの位かかるのかを調べておきましょう。価格が安く、立地も悪くない場合も多い再建築不可物件ですから、様々な状況から購入すべきかどうか決めると良いでしょう。