購入前に条件を確認しよう|再建築不可でも方法次第で生まれ変わる

ローンの返済に困ったら

レディ

専門業者に売却を依頼する

住宅ローンの返済が困難になった場合、度重なる督促にも応じずにいると、競売によって強制的に住宅が売却されてしまいます。これを避けるには、任意売却というシステムを活用する必要があります。任意売却は、競売のような入札方式によるのではなく、一般の住宅売買と同じように個別に買い手を探して住宅を売却することをいいます。競売よりも高い価格で売れる可能性がある、プライバシーが保護されるなどのメリットがあります。任意売却を行う際は、専門の仲介業者に依頼するのが一般的です。というのも、任意売却は住宅ローンの債権者に無断で行うことができず、あらかじめ同意を得ておかなければならないからです。売却のスケジュールや残りの住宅ローンの扱い等については、債権者との交渉によって決まります。仲介業者の中には、こうした話し合いを代行してくれるところが少なくありません。業者選びを行う際は、交渉能力の高さがポイントとなります。もちろん、交渉能力だけでなく販売力も重要です。いつまで経っても住宅が売れないのであれば、住宅ローンの金利負担はかさむばかりです。過去の取引実績などをチェックして、買い手探しの上手な業者を選ぶことが、任意売却で失敗しないコツとなります。また、どうしても今の家に住み続けたいというのであれば、買い手との交渉に長けている業者かどうかも選定ポイントとなります。というのも、買い手の承諾が得られれば、賃借の形で今まで通りの生活を続けることが可能だからです。